デスクロボ×大学コラボ企画 第3弾 色で奏でる♪メロディーロボ

vol3_960x350

 

 

POINT1 好きな曲を演奏できる

collabo2_03カラーセンサーで回転ベルト上のカラーブロックの色を読み取り、色ごとに設定された音を鳴らすことができます。自分の好きな曲を演奏しましょう。

 

 

POINT2 ふたや回転ベルトなど、たくさん工夫しよう!

collabo2_02メロディーロボに近づくと、ふたが開いてメロディーが鳴るようにしてみましょう。
また、曲の途中でふたを閉じて回転ベルトが初期位置へ戻る時に、このまま正回転で回るのと、逆回転で回るのでは、どちらが速いのかを選択するプログラムをつくりましょう。
他にも、沢山のアイディアにチャレンジして、自分だけのメロディーロボをつくりましょう。

 

 

POINT3 プログラムの基本が学べ、応用できる!

collabo2_02メロディーロボでは、「分岐と繰り返し」という、プログラムの基本が学べます。
冷蔵庫やエアコン、スマートフォンのアプリなど、身の回りの多くのものは、実は「分岐と繰り返し」の組み合わせでできています。
メロディーロボを通じて、身の回りのものの仕組みがどうなっているのかを体験しましょう。

 

「色で奏でる♪メロディーロボ」をつくった人

東工大レゴ同好会のみなさん

東工大レゴ同好会のみなさん東京工業大学の同好会。 「レゴブロックの遊び方」を追求し、2013年より活動している。
大学のサークルから企業など広く交流があり、レゴブロックや、教育版レゴ マインドストームを使ったワークショップを多く手掛ける。2014年工大祭での「東工大レゴワールド2014」は、総来場者数5,623人と大注目を集めた。レゴブロックの楽しさ、無限の可能性を多くの世代に伝えるべく、今後もさらなる活躍が期待される。

【東工大レゴ同好会のみなさんからのメッセージ 】
みなさんの身の回りにはどのような色がありますか?赤、青、黄色…などたくさんの色があると思います。このロボットはそんなカラフルな色を使って音を鳴らします。色を読み取るだけではなく、音楽を鳴らして楽しませてくれるのです!
しかし、ロボットが色を感じるのは実はとても大変なことなのです。是非このロボットをつかって、色を感じるというのがどういうことなのか体験してみてください!
ほかにもいろんなセンサーを使うことで、ふたが自動で開いたり、リズムに合わせて踊ったりすることだってできます。遊び方はたくさんあるので、ぜひ自分だけのメロディーロボを作ってみてください!

 

 

 

工大祭での様子

 

koudaisai1
koudaisai2

 

メロディーロボ ワークブック

DESKEVG-MR 価格 1,000円(税込1,080円)

 

melodyrobo_workbook

本ワークブックはアフレルで、『教育版レゴ マインドストームEV3基本セット』と
『EV3ソフトウェア』をご購入の方(デスクロボデビューセットには含まれています)は、お求めいただけます。
お問い合わせフォームの「内容」欄に「メロディーロボ ワークブック購入希望」とご記入ください。
また、「名前」欄にはワークブックをご購入される方のお名前をご記入ください。

お問い合わせはこちら mail

※家庭学習向けテキストのため、教育機関や法人の方への販売は致しかねます。

> デスクロボ×大学コラボ×大学コラボ企画トップページに戻る

PAGETOP