デスクロボ×大学コラボ企画 第2弾 書く♪描く♪楽しい!ロボライター

collabo2_tit3

 

 

POINT1 文字や絵がかけて、たのしい!

collabo2_03縦、横、ななめの基本的な文字の構成要素の他、「LOVE」を書くプログラムやロケットを描くプログラムを紹介しています。また、複数の色を使ったり、直線や図を組み合わせて、自分の好きな文字や絵をかくことにチャレンジできます。

 

 

POINT2 算数・数学で役立つ考え方が身につく!

collabo2_02X座標、Y座標といった「座標」の考え方をもとに、図形や文字をかきます。座標の考え方は算数・数学で登場します。教科書で学ぶことをロボットを使って実験してみましょう!実際に動かしてみるとよくわかります。

 

 

 

POINT3 全10種類のプログラムを紹介!

collabo2_06テキストでは初級編プログラムだけでなく、ロボジョイマイスターの松原拓也さんがつくった上級編プログラムも紹介しており、ステップアップして様々なプログラムにチャレンジすることができます。距離を計算するプログラム、複雑な絵を描くプログラムなど、ロボライターを楽しく使う方法をたくさん紹介しています。
テキスト購入者は、プログラムをダウンロードすることが可能です。

 

 

「書く♪描く♪たのしい!ロボライター」をつくった人

古澤美典さん

古澤美典さん2015年6月現在、九州大学21世紀プログラム課程の3年生。 「工学的ものづくりと人間の感性の追及」というテーマのもと、工学・感性学・心理学など、文 理を問わない分野横断型の学びを進めている。中高生向けに教育版レゴ マインドストームを使 用した教育研究プロジェクトの代表を務めている。 また、大学のロボコンチームの会計・広報を務め、設計や加工を担当。同チームは2015年度 NHK学生ロボコン全国大会に出場。
本企画では、ロボットの設計、基本的なプログラムの作成を担当。

【古澤さんからのメッセージ 】
普段、皆さんが何気なく書いている文字や絵というのは、実はいろんな決まりごとの中に成り立っています。このロボットを組み立てて、動かしてみることで、いかに私たちの手や脳がスゴいかがわかるかもしれません。 また、X座標、Y座標、Z座標という考え方を知ることで、将来数学や物理を学ぶ際にとても役に立ちます。(プリンターや工作機械も、仕組みはほとんど一緒ですよ!) このロボットは、しゃべりながら絵を描けます。これで遊んだり、周りの人へサプライズをしてみたり、ぜひ、色々な使い方を見つけてみてくださいね!

松原拓也さん

robowriter計測機器メーカーのプログラマーを経て1997年に独立し、有限会社ニコを設立。現在、同社の代表取締役。ゲームやロボットや電子工作が好きなライター。著書は「LEGO MINDSTORMS NXT グレーブック(大庭氏と共著)」「モジュール化で理解する 電子工作の基本ワザ」「蘇るBASICプログラミング プチコン公式活用テクニック」など。本企画では、ロボットの開発、応用的なプログラム(上級)の作成を担当。

 

> デスクロボ×大学コラボ企画トップページに戻る

ロボライターワークブック

DESKEVG-RL 価格 1,000円(税込1,080円)

EV3デスクロボ×大学コラボ企画「書く!描く!楽しい♪ロボライター」

 

本ワークブックはアフレルで、『教育版レゴ マインドストームEV3基本セット』と
『EV3ソフトウェア』をご購入の方(デスクロボデビューセットには含まれています)は、
お求めいただけます。
お問い合わせフォームの「内容」欄に「ロボライターワークブック購入希望」とご記入ください。
また、「名前」欄にはワークブックをご購入される方のお名前をご記入ください。

お問い合わせはこちら mail

※家庭学習向けテキストのため、教育機関や法人の方への販売は致しかねます。

 

 

> デスクロボ×大学コラボ企画トップページに戻る

PAGETOP