• HOME »
  • 小学生のプログラミング教育

小学生のプログラミング教育

急速に変わる子どもたちをとりまくIT環境。
学校教育にもデジタル化の波。

nc_01_img_01

今の子どもたちは、「デジタルネイティブ」と呼ばれる世代です。
生まれた時からパソコンやタブレット端末などのインターネット環境がある暮らしに慣れ親しみ、自然と使いこなしています。
学校教育のIT化も大きく動き始め「2020年に1人1台の情報端末とデジタル教科書が使える環境を実現する」という目標を政府が掲げ、子どもたちの学びの場も、着実にデジタル化がすすんでいます。

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる!?
大きく変化する未来の仕事。

nc_01_img_02

英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授が「人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる」 という衝撃的な論文を2013年に発表し、話題となりました。
知識を覚えたり、事務的な処理をする仕事は、コンピューターにとって代わられると言われています。今まで以上に創造力や表現力、コミュニケーション力などの「人間にしかできない能力」が必要とされる時代になります。

世界で、日本で。義務教育課程からの
プログラミング教育必修化の流れが加速。

世界ではプログラミングを教育に取り入れよう、という流れが加速しています。
IT先進国のアメリカでは、全米の学校でコンピューターサイエンス教育を行うために40億ドルを投入することが決定され、プログラミングを 『新しい時代の基本的なスキル』であると位置づけています。イギリスでは5歳からの初等教育にプログラミングを導入、学力ランク世界上位のフィンランドでも2016年秋から小学校で必修化されます。
日本でも2012年より中学校の技術家庭科で「プログラミングによる計測・制御」が必修項目となりました。また2020年度からは小学校でプログラミング教育が必修化となることが発表され、今後もさらに義務教育段階からの盛り上がりが予想されます。

  • nc_01_img_03
  • nc_01_img_04
  • nc_01_img_05

プログラミング学習のスタートはここから。
ロボットを動かして楽しく学ぶ!興味が深まる!

nc_01_img_06

そんな流れを受け、小学生の習い事にプログラミングの人気が高まるなど、早期からのプログラミング教育に注目が集まっています。
家でも気軽に楽しくプログラミングを始めたい!そんな方にはロボットの組み立てからプログラムの基礎などを説明するテキストや課題がセットになった、家庭学習用セットをおすすめします。
対象年齢10歳からの「教育版レゴ マインドストーム EV3」、対象年齢5歳からの「WeDo」、2種類のラインナップからお子さまの成長・興味に合わせてお選び頂けます。
ロボットを動かすことでプログラミングが見えるから、楽しく遊びながら学ぶことができます。

小学生のプログラミング教育
国際的ロボットコンテスト WRO
マインドストーム×大学生
世界60か国以上での採用実績
親子体験イベント
塾?家庭学習? 選べる学習法
PAGETOP